マニアが徹底リサーチ!アルガンオイルNavi

本当に良いアルガンオイルとは?人気アイテムを徹底比較

HOME » はじめてのアルガンオイル入門講座 » 使い方はとにかくさまざま

使い方はとにかくさまざま

ここでは、天然成分100%だから全身に使えるアルガンオイルの効果的な使い方や活用術を紹介しています。

スキンケア

その1. 肌年齢対策

洗顔後、アルガンオイルを掌に数滴とり、額、鼻、アゴ、頬と顔全体にのばしていき、指の腹を使って内から外に向かって、肌になじむまでゆっくりとのばしていきます。
その後ホットタオルで2~3分蒸してから、そのまま軽くふき取り、通常のスキンケアを行うと、弾けるような若々しさを持ったお肌の土台づくりになります。

さらに、乾燥肌にお悩みの方は、お手持ちのクリームや美容液に混ぜて使うことで、アルガンオイルの持つ天然効果によって保湿力がアップしますのでオススメです。

デコルト部分イメージその2. 毎日のお手入れにプラスして

目元、口元、首のシワなど、疲れがたまりやすく年齢が出やすいところには最後の乳液の前に適量をやさしくなじませたり、特に乾燥が気になる時や疲れがたまっている時などにも、マッサージをしながらなじませてあげると効果的です。

ボディケア

アルガンオイルを5~10mlをお風呂に入れた後、軽く混ぜ合わせ、15分~20分ゆっくりと浸かってください。

水分との相性が良いアルガンオイルの贅沢なエッセンスが身体全体にやさしくなじみ、ハリと潤いのある美しいボディラインへと導いてくれます。

ヘアケア

ヘアケアイメージ手のひらに少量を取り、手のひらであたため、髪の傷みやパサつきが気になる部分に軽く染み込ませ、 残ったオイルを髪全体になじませて行きます。

頭皮の毛穴の汚れを落とし乾燥を防ぎ、乾いて傷んだ毛先、 枝毛や切れ毛をスムーズにコートし、髪全体にしっとりとした潤いと艶を与えてくれます。

ハンドケア

指先の冷えやカサつきが気になる方、お風呂上がりやリラクゼーションタイムに行うのがオススメです。

ベビーマッサージ

赤ちゃんの肌は、水分が多く皮脂が少ないので、 お風呂上りなどにスキンシップも兼ねて、ベビーマッサージをして適度な油分を補うといいと思います。

敏感肌の赤ちゃんだから、天然成分のアルガンオイルなら安心です。 

【番外編】食用オイル

美容オイルとして有名になったアルガンオイルですが、食用としても使われています。ネットショップや大型スーパー・百貨店で手に入れることができ、その上品な香りから高級レストランでも愛用されています。

「同じピュアアルガンオイルなのに、どうちがうの?」と思われるかもしれませんが、最も大きな違いはその製造過程です。食用はロースト(焙煎)して抽出した油で、香ばしい香りが特徴です。対して美容オイルにはノンローストの油が使われており、こちらは口に入れると苦みがあります。やはり、食事には食用、美容には美容用を使うようにしましょう。

また、食用のアルガンオイルにもビタミンEやオレイン酸が豊富に含まれているので、美肌やアンチエイジング効果が期待できます。

 
マニアが徹底リサーチ!アルガンオイルNavi