マニアが徹底リサーチ!アルガンオイルNavi

本当に良いアルガンオイルとは?人気アイテムを徹底比較

HOME » はじめてのアルガンオイル入門講座 » 他の美容オイルとどう違うの?

他の美容オイルとどう違うの?

ここでは、アルガンオイルが美容オイルとして有名な、スクワランオイル、ホホバオイル、馬油、椿油とどのように違うのか、それぞれの特徴をまとめて比較してみました。

美容オイル特徴一覧

  アルガンオイル スクワラン ホホバオイル 馬油 椿油
抽出部位 アルガンツリーの種子 サメ肝油、オリーブなど ホホバの種子 馬の脂肪 ヤブツバキの種子
主成分 ビタミンE、オレイン酸 スクワレン ステアリン酸 オレイン酸 オレイン酸
酸化特性 酸化しにくい 酸化しにくい 酸化しにくい 酸化しやすい 酸化しにくく乾きにくい
効能 保湿・美肌効果、水分・油分のバランスを整える、肌細胞活性化作用、ヘアケア 保湿作用、浸透作用、殺菌作用 保湿・美肌作用、消炎作用、殺菌作用、痩身、紫外線防止作用 保湿・血行促進効果、抗酸化作用、殺菌作用、炎症を鎮める 保湿効果、しみ・シワ予防、ヘアケア
特長 必須脂肪酸やトコフェロールが多く含まれており、活性酸素を除去する抗酸化物質も多く、アンチエイジングに効果を発揮します。 浸透性が高いうえに、オイル自体が人の皮脂成分に近いので、肌になじみやすくなっています。使い心地もサラッとしています。 強いにおいはなく、比較的さっぱりとした使いここちのオイルで、全ての肌タイプの方に向いています。 古くから、使われていた万能薬で、肌との相性がよく、角質層まで浸透し、肌のキメを整えて潤いを保ってくれます。 高い保湿効果があるので、乾燥や外部からの刺激を防ぐ効果が高いオイルで、肌を柔らかくしてくれます。

アンチエイジングにはアルガンオイル

一覧を見てみると、やはりアルガンオイルの美容効果は他の美容オイルに比べて、活性酸素を除去する抗酸化物質が多く含まれているので 、乾燥肌やエイジングケア対策に高い効果があることが分かります。

肌細胞に栄養を与えて新陳代謝を活発にすることで、年齢肌にピンポイントで効果を発揮し、肌のキメが整い、肌の色も明るくなることで、若々しい肌に再生してくれます。

 
マニアが徹底リサーチ!アルガンオイルNavi