マニアが徹底リサーチ!アルガンオイルNavi

本当に良いアルガンオイルとは?人気アイテムを徹底比較

HOME » 失敗しないアルガンオイルの選び方 » 品質を決める基準とは

品質を決める基準とは

ここでは、高品質なアルガンオイルの見分け方とともに、モロッコの現地事情も紹介しています。

アルガンツリーは絶滅の危機に直面している

モロッコの南西部にしか生育しないアルガンツリーもともと、アルガンオイルは、ベルベル人の家庭内でしか使われておらず、伝統的な手法で抽出されていました。しかし、近年、その効能が注目され、先進諸国での需要が高まってきました。

需要の高まりとともに、アルガンツリーは年々減少しており、絶滅の危機に直面しています。

アルガンツリーの森は、サハラ砂漠の拡大を防ぐための「地球環境資源」としても重要な存在です(ユネスコの生物圏保護区域にも指定されています)。

そのため、モロッコでは国をあげて、その保護と資源の高度利用に取り組んでいます。

アルガンオイルを通じた社会貢献

さらに、いくつかのアルガンオイルメーカーは、ツリーだけでなく現地社会を保護するための社会貢献をしているところもあります。

例えば、フランスに本拠地があるOLVEA社は、80年以上の歴史を持つ老舗オイルメーカーで、モロッコ現地にアルガンオイル生産団体を設立し、高品質なオイル生産と現地社会への貢献に取り組んでいます。オイルの売り上げの一部は、現地の教育活動や砂漠化対策・過疎化対策にも活用されているそうです。

オーガニック認証を受けているか

審査する人のイメージアルガンオイルをはじめとしたオーガニック化粧品の質を見極めるには、認証機関の認定を受けているか確認しましょう。こうした認証機関は日本国内にはまだ存在しておらず、日本のメーカーも主に欧米の機関に委任しています。

代表的なところを紹介しましょう。フランスのトゥールーズに本拠がある「ECOCERT」は、20年以上の歴史を持つ世界最大の認証機関です。他にも同じくフランスの「コスメビオ」、ドイツの「BDIH」、「デメター」などがあります。こうした機関の認証を受けているということは、高い品質を持つオーガニック化粧品と言えるでしょう。

オイルの抽出方法にも注目!

オーガニック原料のアルガンオイルは、抽出方法によって品質が大きく変わってきます。

高温圧搾法…胚や菜種を加熱しながら油を採搾する方法です。油は高温の方が抽出しやすいので、この手法なら元の含有量の60~70%の油を採搾できると言われており、さらに搾りカスからも遠心分離機で油を取り出します。採油効率は高いですが、熱することで栄養素や風味が大きく減少してしまいます。

低温圧搾法…別名・コールドプレス法。胚や菜種をゆっくり押しつぶしたり、すりつぶしたりして採油する方法です。この際、圧力で高温にならないよう、ゆっくりと時間をかけて抽出しなくてはなりませんし、採油量も30%ほどと、少量しか採搾できません。ただし、栄養素はほとんど壊されることがないので、高品質なオイルを作ることができます。

生産効率が良いのは高温圧縮法ですが、ユーザーからすれば、質が高く栄養価も高い低温圧縮法(コールドプレス法)のオイルを使いたいですよね。

 
マニアが徹底リサーチ!アルガンオイルNavi